職場恋愛。体の関係を持ったけれど付き合わなかった男性

これから、私の恋愛エピソードを、お話します。

1.女性は、いつも素敵でありたい・・

     
私は、23才の時、和菓子販売の仕事で、9時~18時で働いていました。
職場の男性の先輩が、5人ぐらいおられた中で林さんという方が
何故か気になっていました。

林さんの年齢は、25才で背は170cmで、けして男前では、なかったが、他の同僚の女性達からも人気でした。

「私自身は、その時は好きという感情より、仕事も出来て男らしさにあふれた部分を
尊敬していて、いいな~って」
仕事中も、話す機会が多いかったから・・・

ある日の、夜ふっと頭の中に林さんが、浮かぶようになり、好きになっている
自分自身に気が付きました。
林さんと職場で、仕事の話をするだけでも、うれしくて告白とかは、
全然、考えていませんでした。

その職場に入社して、半年が経ったぐらいに私は、恋愛もだけど違うことでも
悩んでいました。

給料も安く、車のローンもあるし、貯金するお金がほしくて何かいいバイトがないかと
探していたところに、友達の近藤君から、新しくオープンしたスナックで
Dreamという名前のお店のママが、アルバイトを探していると聞き
紹介してもらうことになったのです。

実際、私の中でスナックでのアルバイトは、男の人と接する仕事ではあるし、
 林さんの事を、好きだったし林さんが私の事を、どう思っていたかは、
関係なしとして・・・

そんな、気持ちの中連絡がありました。
「ママから是非、来てほしい」と言われ、色々と考えながらも
結局、働くことにしました。
週3回で、月、水、金で、20時半から3時間ぐらいだったかなぁ~?
昼間の仕事もあったので、夜のアルバイトの時は、いつも体が疲れた
状態だったけど、今思えば若いから出来たのかなぁ~

2、私が全然考えてもなかった出来事

たくさんのお客様の中で、加藤さんと言われる男性のお客様が
おられて、頻繁にスナックに、来て下さいました。

その加藤さんは、年齢は、26才で雑貨店の若社長でした。
背は178cmぐらあってはっきりした顔立ちで話も楽しくて
凄く優しい方でした。

加藤さんは、スナックに友達の桑田さんとも、よく来て下さってました。
スナックの営業時間が終わった後、よくママと加藤さんと桑田さん私の4人で
居酒屋に飲みに行ったりしていました。

アルバイトともだいぶ慣れては、きていたけど私の頭の中には、いつも
林さんの事でいっぱいでした。
スナックでのアルバイトは、林さんには、言えないまま半年が過ぎました。

そんな時、スナックのアルバイトが終わり、帰ろうとしていたら、お店の外に
加藤さんが、おられました。
帰られたと思っていたからです。 

「美幸ちゃん、話があるんだけど、いいかなぁ~」
  俺と結婚を前提に付き合ってほしい・・・」
って言われてびっくりしたのです。

加藤さんは、お客様なので、親しくはしていましたが、私の事を思っていたなんて
少しも、考えていなかったのです。
 突然だったので、返事をどうしたらいいのか分からなくて・・・
 でも、またその時に林さんが、浮かんだのです。
 
加藤さんには正直に「私好きな人がいるから、本当にごめんなさい」と伝えました。
そしたら、「わかったけど、一応諦めるけど、諦めないかも・・・」と言われました。
その時は、お互い目が合わせれなくもなり、加藤さんは、帰っていきました。
それから、加藤さんがお店に来られても、何も無かったかの様な感じでした。
私も、普通に加藤さんに接していました。

3.人を好きなると止まらない感情が溢れ出る。

 
加藤さんから、告白されて、3か月が過ぎた頃、スナックのアルバイトも
身体的にしんどくなり、昼間の仕事中に、眠くなったりと支障が出てきました。
そろそろ、バイトも辞めようと考えていました。

そんな中、昼間の仕事の忘年会が12月の中旬にありました。
私が思いを、寄せている林さんとは、いつもと変わらず楽しく飲んで
いました。
忘年会が終わった後、林さんが二人でどこか飲みに行かないかと
誘われたのです。
あまりに突然だったが、うれしくて「行きます」と返事をしました。
 
 二人っきりなんて初めてだし、緊張してながら話を続けていました。
 林さんが、話している中で、一年前に別れた彼女の話になりました。
5年がお付き合いし、色々とあって別れたそうです。 
 まだ、その彼女の事が、忘れてないような感じでした。

私を、誘った理由は、聞きませんでしたが、「寂しかったのかなぁ~」
その時は、2時間ぐらいして、帰りました。
 
スナックで働いていることが、林さんに知られたくなかったので、
辞める事にしました。
約、11か月バイトを、頑張りました。
 
スナックで、告白させた加藤さんとは、連絡も一切とることは、
なかったです。
 
ある日、林さんから2度目の誘いがありました。
食事に行って、夜景を見に行って突然キスをされました。
その後、ホテルに誘われました。

林さんが、私に気持ちがあるのかはっきりわからないし、聞くのも怖いけど
男女の関係になってしましました。

それから、職場で林さんは、普段と変わりないように見えて、
私に対して、気まずさがある感じでした。
何だか、私自身も好きとは、言っても簡単に体を許してしまった事に
後悔していました。
 
そんな時、職場の女性の中村先輩から林さんと、同じ職場の女性の安達さんとデートに行ったことを、耳にしました。

その話を、聞いた時に、林さんは、軽い人なんだと思いました。
私は、悲しくて目に涙がこぼれそうになりました。

実際、林さんと話をしていた時、前の彼女から別れを告げられたので、「新しい
恋もなかなか出来なくて・・・」と話していました。

2週間過ぎたぐらいに林さんに、突然「付き合わないか」と言われました。
「これからお互いを、知っていけたら」って・・・
その時は、少し考えさせて下さいと、伝えました。

他の女性とデートを、しているのを聞いた後だし結局、林さんは、
自分の寂しさを紛らわせてるだけだと思うと、好きという感情より、
苛立ちさの方が湧いてきたのです。
前の彼女の事が頭にあるけど、「私と付き合って忘れる為に」って・・・
林さんは、言わなかったけど、伝わる感じでした。

だからこそ、かなり悩みました。
私は、好きだけど、信用できない部分の方が強くなってしまっていたのです。
もし、付き合ったとしても、幸せな気持ちになれなかったと思います。

私自身、「私の事だけを、愛してくれる人を」求めていたからです。
林さんの事は、辛いけど諦める事にしました。

辛い思いを、経験しましたが、強くなった自分自身がいました。

4.女性は、愛することより愛されたいのです。

今まで、話してきた林さんの様に優しい素振りで女性を、口説く男性は、
この世の中に沢山おられると思います。

反対に「女性の持つ繊細な部分」を、少しでも考えることができる人で
それ以上に信用でき、安心できる人であれば付きあったと思います。

男性の皆さん、女性を大事にして下さい。
気持ちは、真剣なんだと伝わるように愛してあげて下さい。

私の恋愛経験を、是非読んでくださいね。


超恋愛メルマガ

ワンランク上の男になるための
メールマガジンを発行しています。

「超恋愛メルマガ」
by 恋愛アドバイザー コウセイ

ご登録頂いたらまず最初にメールセミナー

「好きな女性に振られないための
スマートな告白の仕方」

をお送りします。

このメールセミナーの内容を理解することで、 今気になっている子に振られる確率が格段に減り、 付き合える確率が格段に上がります。

その後も恋愛に役立つノウハウを日々配信していきます。

今メルマガに登録頂いた方には
恋愛レポートなど特典プレゼント中


■特典1
女の子とのLINEのやり方マニュアル
「26のLINE術奥義」

■特典2
以下、恋愛レポートすべて

女の方からメールをさせる具体的な戦略
女性をその気にさせるモテるLINE術~マインドと実践編~
イケメンじゃなくてもモテるような見た目が作れる5つの条件
彼氏持ち女性にこっそり忍び寄り彼氏から自分へ乗り換えさせる
誰も傷つかないアプローチ方法

忘れられない女性と復縁する方法
女は男のココを見ている!!6つのポイント
女性を美化するモテないメンタルを打破する暴露ノウハウ
デートの誘いに断られたらモテる男はこう返す。モテる返事とモテない返事
たったこれだけでLINE上手になれるLINEの待ち方、返信の仕方
女性が他の用事よりデートを優先したくなる上手な誘い方「究極のシナリオ会話術」
すぐに真似できる簡単に女性を惹きつけられる12の会話テクニック
復縁するためには
究極の年下女性恋愛成功マニュアル
LINEで無視されにくい6つの話題
女の子の褒め方から、最初のキスに持ち込む最適な場所、そして禁断のキステクニックまで、すべて公開
口説いて誘ってデートするための超実践3ステップ

メルマガ登録はこちら
超恋愛メルマガ
*
*
男性 女性